’え?もう届いた!’通販物流の努力のたまものなのです!

通販物流のながれについて

通販で注文してから手元に届くまでには、いつくかの流れがあります。私達が商品の注文をすると、通販を行っている元会社へ注文の連絡がいき、同時に発送代行をしている会社などがあればそこへ注文状況が連動し、在庫などが落とされます。その発送代行会社による商品のピッキング・梱包などを経て、宅配便業者へ渡り、私たちのもとに荷物が届く仕組みです。

送料無料とか、損してないの?

物流コストを抑えるためには、なるべく介入業者を抑える事と、宅配便の業者を絞ってまとめ割りを利用する方法などが考えられます。発送代行会社などに委託せずに、自社で直接ピッキング・梱包などを行えばマージンはかかりませんし、宅配業者をいくつも使わずに2社1社に絞って利用する事でまとめ割り等も適用もされるので、賢くコストを抑えているはずです。

出荷作業、気を付けてます。

お客様から受けた注文品を出荷する流れには細かく分けると、朝(業者によっては昼まで)までの注文分の届け先の送り状発行→商品のピッキング→梱包・送り状貼り付け→宅配業者へ受け渡し作業の4つの工程があり、商品を間違えない・不良品でないことはもちろん、個人情報を扱っているため、送り状の貼間違いなどは絶対にあってはいけないミスになるので細心の注意が必要になります。

よい物流会社になるための影なる努力

通販を行う会社にとって、よい物流会社とはどんなものでしょうか?在庫の管理がきちんとできている事、発送の漏れや取り違えがない事、そして一番重要なのは顧客の要望に対して柔軟に適応する心構えではないでしょうか。注文は朝何時までの者なら翌日発送・アソート商品は選べないなどの注意点はありますが、どうしてものニーズには、ルールを超えて対応できる部分は対応してあげるなどの柔軟性も必要です。

通販物流とは、通販業者が販売した商品を注文を受けた商品を消費者に送る時や、消費者が通販業者に連絡の上で物を返送する場合などの物を流れを指す言葉になります。