作りたいものがあるならチャレンジしよう…電気製品の自作!

電気製品の素晴らしさはここにある

日々の暮らしが電気製品に支えられている…これは紛れもない事実です。電気製品があるからこそ、効率化できているところもあって、仕事に集中できたりプライベートの時間も増やせてたりもするんですよね。電気の供給がなくなれば、電気製品を使うことができなくなります。今は当たり前に使われている電気製品でもそういう時が来れば、きっとその電気製品の素晴らしさを身にしみることになるでしょうね。

ものづくりの原点は自己満足

作りたいものがあるなら、ものづくりにチャレンジしてみましょう。電気製品だって自分で作ることが十分にできますよ。電気と聞いただけで専門な知識が必要と決めつけるのは間違いです。電気製品の構造は、基本的にモーターの回転を利用したものがほとんどです。電動歯ブラシくらいならプラモデル用のモーターで十分にできますし、電気製品の自作は中学生くらいの学力や技術があれば、十分にできるはずですよ。電気製品を自作を目指す時は、先ずは自分が作ってみたいものを目指して自己満足で浸る程度でいいんです。

特別な知識を必要としない

自作で電気製品を作る時の注意としては、コタツ、ドライヤー、ホットプレートなど熱処理を行う電気製品はあえて作らないほうがいいと思います。これらの製品には、温度センサの取り付けも必要になるし、何より熱処理をするものに関しては、安全装置も取り付けておかないと危険です。初心者が電気製品の自作に挑戦する場合は、扇風機や掃除機だのといった熱を使わない製品が良いでしょうね。火事になる恐れがない範囲で特別な知識を必要としない電気製品を作るといいですよ。

プリント基板設計とは電子機器に必ず使われる主要部品の一つです。回路を作るためにその部分を固定して配線するための総称です。