面倒な作業はナシ!通販物流を委託する方法

商品管理と出荷作業は意外と大変

インターネットが発達したことで個人でもネットショップを開けるようになりました。それに伴い独立開業する人も増加しています。そんなネットショップですが、意外と面倒な作業に商品管理と出荷作業があります。ネットショップを始める際、多くの人が自宅を事務所代わりにしていますが、そうなると自宅に商品を保管しておくスペースを取らなくてはいけません。また注文が入った際には、商品を箱に詰めて、運送中に破損しないようにクッションなどを入れ封をし、それを出荷場所まで運ぶ必要があります。これらの作業は非常に手間がかかり、本業に支障が出るほどです。

商品管理と出荷作業を委託する

そんな面倒な商品管理と出荷作業ですが、実は委託することが可能です。倉庫を持っている業者に商品を保管しておけば、その業者が商品管理を行ってくれます。さらに出荷に関しても、商品と出荷先の住所を指定することで全て代行してくれます。つまり委託業務を利用していればネットショップの管理と注文確認だけで済んでしまいます。ネットショップの運営において最も厄介な商品管理と出荷作業が省けるので本業に力を注ぐことができ、さらなる売上アップも期待できます。代行サービスの利用方法も非常に簡単で、業者に問い合わせをし、どのような商品をどれくらい扱うのか、といった最低限の情報を伝えることで見積もりなども出してくれます。もちろん作業を委託しているのでその分の料金は必要にはなりますが、作業効率が大幅に上がるので非常にオススメです。

電子商取引に伴う物流のことを指し、大は企業間に始まり、企業対個人、個人対個人等がこの範疇です。昨今宅配便の見直しを言われていますが、EC物流だけではなく、商流全体の見直しが必要になってきています。