小さな病院でも導入しているの!?電子カルテの魅力を探る!

電子カルテはカルテの保管場所を考えずに済みます

病院の中では患者さん一人一人のカルテが作られており、過去の病気の治療方法や病歴などをチェックする事が出来るようになっています。さらに、カルテの中には治療の際に処方を行った医薬品の名称などが記載してあるので、同じような症状を持つ患者さんが来た時の参考にもなるわけです。大きな病院ともなると、1日に多くの患者さんが診察を受けに訪れるなど、カルテの量も膨大な量になってしまいます。カルテは保管室で大切に管理が行われているのですが、膨大な量のカルテを探す手間、元に戻す手間は計り知れないのです。電子カルテは、紙のカルテと異なりコンピュータの中で保存が行われているので、患者さんの情報を入力してから検索を行えば、すぐにカルテを見る事が出来るなどのメリットがあります。

電子カルテを導入しているのは大きな病院だけ?

電子カルテは紙のカルテを電子データにしたもので、電子カルテの管理は病院が発行する診察カードなどの番号で管理が行われているケースが多くあります。病院に初めて行った時には、診察カードを作って貰う事になりますが、診察カードを作ると同時に電子カルテが作成されます。小さな病院などの場合、紙のカルテが作成される事もありますが、最近は小さな病院でも電子カルテを導入している施設が多くなっており、電子データで保存が出来るため、カルテの保管場所が問われないなどのメリットにも繋がっています。ちなみに、過去の紙のカルテについても、専門の会社が電子データに変換するサービスを行っているため、紙ベースの書類をゼロにする効果にも繋がって来ます。

電子カルテは従来の紙のカルテを電子化し、パソコンなどで見られるようにしたものです。これにより、病院内の省スペース化ができ、カルテの管理の省力化などができます。