新入社員研修で学ぶこと…身だしなみについて!

研修中の身だしなみは念入りにやろう!

新人を教育していく上での社員研修って、初めてだからこそとても大事なんです。接客業なんかですとお客相手の仕事になりますから、身だしなみは特に念入りにしておくべきですよ。研修時に使うテキストなどには、制服の着方などが事細かく書いてある場合もあります。無精ひげなんかは以てのほかですし、名札の位置なども決められています。もちろん講師として立つ上司や先輩は、新人の手本となるような身だしなみでなければなりません。

エチケットについて詳しく知る

ぼさぼさの頭髪では身だしなみどころではありませんよね。厳しい企業になると前髪は目にかからない長さでなければいけません。耳に髪がかかっているだけでも注意を受けますよ。男性の頭髪は短く、女性は長過ぎずというルールも必要だと思います。配布されるテキスト等によって、エチケットについて詳しく知ることができるでしょう。企業は新人を育てるために、返事だったりその他のマナーも教えるべきですね。

ワイシャツや靴下の色…

ビジネスマンのワイシャツもカラフルでおしゃれなものも多いですよね。カジュアルカラーのワイシャツのバリエーションも豊富にあります。でも仕事中は会社で指定されている制服がありますし、統一されたものを着ることが社員としての身だしなみでもあります。ワイシヤツと靴下なんかは、個人的におしゃれのセンスが出せるところでもあるんですが、業種によってはワイシャツや靴下の色まで決められていたりもするんです。こういったルールをいち早く知識とするためにも、社員研修の制度って大事なんですよ。

管理職研修とは、企業などで管理職としての心得や部下への接し方などをセミナー形式で指導することを言います。