社員研修を受けて学ぶ…社員研修には狙いがある!

新入社員の心得ってどんなこと?

就職活動も終われば、晴れて社会人としてスタートします。どんな企業でも新人を教育するための社員研修が行われます。ところで社員研修ってどんなことをするんでしょうか。企業によって行うべき研修はそれぞれ違いますが、基本的には挨拶や身だしなみから学ぶのが普通です。「いらっしゃいませ」や「ありがとうございました」は当たり前ですよね。でも挨拶にはやり方もあります。例えばお辞儀する時の角度とか手の位置とか、そういう細かいところができる社員でなければいけないんです。たったそれだけのことで相手の気分を良くさせることができるんですよ。簡単なことですが、日々片時も忘れずにやるには、社員であるという自覚や心得が必要になってきます。それを身につけるための講義が社員研修であると思ってもらえればいいでしょう。

研修で学べることは?

社員研修では新人一人一人の教育が目的ですが、もっと先を見据えた目論見があります。それは仲間としてチームワークやコミュニケーションを育むことなんです。研修の課題としてあえて無理難題を投げかける場合もありますが、これは問題を解く力を見るわけではありません。難しい問題や分からないことに直面した時こそ、仲間に助けを求めることも必要だし、チームとして協力する精神が一番大事であるということを知るんですね。右も左も分からない新入社員たちが力を合わせた時に出た答えこそが、正解なんです。実は研修において学ぶべきことは、こうした精神の部分なんですよ。

社員研修とは、企業が実施する各研修です。雇用者が求める職務を労働者が遂行するにあたり、必要な知識や技術を教育することです。